12345678910arrow-rightarrow-right-square-20246Em020406010012080140-20246y(m)x(m)020406010012080140
Pass By Noise

通過騒音試験

Exterior Noise

外部ノイズの不快

ISO 362-1:2015は、道路車両の加速による騒音の測定要件を定めています。

地域特有の法律は、車両の種類(すなわち、自動車、バス、トラックなど)によって最大限の全体的な騒音レベルを課します。例えば、1996年以来、乗用車は、十分に確立された加速試験を使用して74dB(A)を超えることは許されません。

EU規制第540/2014号(2016年導入)は、2026年までに10年間でその限界を68dB(A)に低減し、新しい(より代表的な)試験手順も導入します。

Powertrain

パワートレインNVH抽出

全体のノイズレベルは、診断(発信元識別)情報を提供しません。

PLATOのPASSBY副製品は、ノイズマップが、車両の回転軸を基準とするドップラーシフト補正済み次数スペクトルとして提示されることを可能にします。

ここでの例は、エンジンの発射(排気)とトランスミッション出力ギアメッシュの基本ノイズが、トラック通過試験中に於いてバックグラウンドノイズを上回る様子を示しています。 パワートレイン開発エンジニアにとって不可欠な情報です。

Radar

レーダー不要

AB Dynamics社のPASSBYは、車両の位置を特定するために走行コース上にレーダーシステムを設定する使用する必要はありません。

代わりに、目的のテレメトリ機器は、車両軸を基にする速度を基地局に中継します。

車軸速度は、走行コース上の開始・終了マーカーセンサと共に使用され、テストゾーンを通る車の速度対距離を自動的に計算します。 これは設定が簡単で、費用対効果に優れ、失敗の恐れもありません。

Test Orchestration

試験の調整

PLATOのセットアップデータベースを利用することにより、通過テスト(ランダムなばらつきを減らすための試験走行の平均化を使用)は、未経験者にでもできるように成り、ユーザー(および運転手)は一次作業に集中することができます。

Order Tracks

オーダートラックと総合的な騒音レベル

その結果(全体的な騒音レベルに対して設定されたコンポーネントオーダートラック)は、パワートレイン開発エンジニアにとって容易に解釈され、非常に貴重です。

Clear Precise

明確で正確な結果

Passbyノイズの結果は、PLATOの直観的なテストレポートを使用して報告され、PLATOの結果データベース(SQL)に保存されるため、ラップトップ・タブレットPCが基地局にてネットワークに接続されたときにPLATO-SERVERに渡すことができます。

Sign up to our newsletters