12345678910arrow-rightarrow-right-square-20246Em020406010012080140-20246y(m)x(m)020406010012080140
Transmission Error

伝送エラー

2 3 6 Te Definition

伝送エラー測定

コアPLATOプラットフォームにMETKIT副製品を追加し、高パルスレートで高精度エンコーダを使用して、伝送エラー(TE)テストを実行します。

最高の精度を得るには、フルハンティング(オーバーロール)期間を分析するか、サイクルタイムが指示された場合はより短い期間にわたって分析して下さい。

2 3 6 Te Result

顧客の選択した形式で結果を報告する

TEはギアピッチ半径に於いて角度(マイクロラジアン)または周方向距離(ミクロン)として報告することができます。

ピークツーピーク値とRMS値が利用可能で、駆動または被駆動歯車のいずれかを参考とします。

2 3 6 Compound Te

微分積を用いた化合物(3-エンコーダ)解析

差動機構を含む製品(2つの出力)は容易に収容可能です。

2 3 6 Report Results

TE次数スペクトル解析

テスト機能に複数のギア・メッシュが含まれている場合は、診断機能を追加するか、メッシュ固有の情報を提供するために、TEをオーダ・コンポーネントに分解します。

2 3 6 Transmission Error

平均の歯車TE

選択された歯車の各歯がどのように全ての歯の平均に対してその歯車が噛み合っているかを識別するのに最適です。

2 3 5 National Instruments

試験機群の簡単な統合

PLATOと試験機群間の簡単なOPC通信により、統合が容易になり、National Instruments™社の標準のカウンタ・タイマーDAQカードを使用することによって、非常に費用対効果の高いTEテストソリューションが実現します。

2 3 6 Waterfall

動的なバックラッシュやNVHテストと組み合わせる

PLATOおよびそのアドオン副商品のモジュラー特性は、試験サイクルの組み合わせ、例えば、 NVH&TE、NVH、バックラッシュ、TEテストなどを簡単に構築できます。

2 3 6 Sql

明確で正確な結果

TE結果は、PLATOの直感的なテストレポートを使用して報告され、OPCを介して機械コントローラ(PLC)に渡され、PLATOの結果データベース(SQL)に保存され、オプションとしてPLATO-SERVERに渡されます。

Sign up to our newsletters