12345678910arrow-rightarrow-right-square-20246Em020406010012080140-20246y(m)x(m)020406010012080140
News3

電動パワートレインは、キャビンの改良を最適化するための専用NVH試験装置の需要を促進しています。

Axle Rig For Measuring Noise Vibration And Harshness Transmission

新しい車軸レベルのNVHテストリグは、設計プロセスの初期段階に於いてNVHの問題を明らかにすることにより、市場に製品を出すまでのコスト削減を実現します。

  • 最新のリニア電動アクチュエータの使用により、市場をリードする動作周波数範囲が提供され、従来の油圧式の代替品を上回ります
  • 乗用車、軽商用車、電気自動車の試験に適しています

AB Dynamics社は、車軸メーカーの設計プロセスの初期段階およびより広い動作範囲でのNVHの問題を確認する要求に応えて、新しい車軸レベルのNVHリグANVH 250を発売しました。電動パワートレイン群は、自動車メーカーの許容するNVHレベルを大幅に下げました。

“ANVH 250を使用すると、メーカーは車両設計プロセス中にサスペンションシステムのNVH特性を測定および最適化することができ、高レベルのキャビン改良を実現可能な費用対効果の高いサスペンション設計の作成を支援します。” エレクトリック・アクチュエーターのチーフ・エンジニアであるエドワード・ヘインズは説明します。  “サスペンションのNVH特性を広い周波数範囲にわたって初期段階で評価する機能により、車両プログラムの後期段階でのNVHの懸念を修正するための高価な修正が回避され、製品の市場投入までの時間が短縮できます。”

ANVH 250 は、サスペンション。コンポーネントを介して、ホイールハブからサスペンション取り付けポイントまでのNVH伝達を測定します。サスペンション・スプリング、ダンパー、リンケージ、アンチロールバー、エラストマー・ブッシュを介した最大250Hzの力の伝達を正確に測定します。クラスをリードするパフォーマンスは、この用途向けに特別に設計されたAB Dynamics社独自の高周波リニアア・クチュエータと組み合わせて、革新的で非常に剛性の高いフレーム設計を使用することで達成されます。直動式電動リニアアクチュエータは、油圧アクチュエータよりも本質的に安全で、クリーンで、静かで、効率的であると共に、いかなる対価の油圧アクチュエータでも達成できない周波数、変位、および負荷範囲に於いの動作を提供します。

バックグラウンド・ノイズレベルの低い電気自動車への移行が進行しているため、車両のサスペンションとドライブラインからNVH発生源を制御または排除することがますます重要になっています。 AB Dynamics社は、ANVH 250を使用により、サスペンションのNVH特性の微調整を設計プロセスのかなり早い段階で行うことができ、正確で費用効果が高く、使いやすく、信頼性の高いテストマシンを生み出しました。ANVH 250は、正確なモーション制御と正確な測定を要するSPMM 及びaVDS 等の国際自動車市場向けの実験室用試験装置の製造実績のあるAB Dynamics社の豊富な経験に基づいて構築されております。車軸が取り付けられている状態にて、アクチュエーターは0-250Hzの周波数と+/- 0.01から+/- 50mmの変位で、各ハブに正確な動きを加え、3軸ロードセルは各車両の取り付け点に伝達される力を測定します。 ANVH 250は、正弦波、ランダム入力、および道路荷重データの変位を車軸システムに入力可能です。垂直(Z)、縦(X)または横(Y)方向の変位をホイールハブに入力可能です。ハブに入力する2つの変位は、同相でも逆相でもかまいません。.

グラフィカル・ユーザー・インターフェイスより、オペレーターはシステムのさまざまな部分間を簡単に閲覧し、マシンを制御し、テスト手順を構成できます。テスト済みの車軸及び実行されたテストに関連するすべてのデータ、およびシステム構成と計測設定は、使いやすく検索可能なリレーショナルデータベースシステムに保存されます。主要な車軸データは、インターフェース画面から入力します。システム内のすべてのデータ入力画面同様に、ユーザーがデータフィールドに関連付けられた敷居に準拠しないデータを入力できないように、入力時にデータ項目がチェックされます。ANVH 250にはANVH Grapherが付属しています。これは、ユーザーが、テストが正常に実行され、意味あるデータを生成したことを確認できるように、テストが完了するとすぐに結果を表示できる画面プロットプログラムです。

このリグは、トラック幅が1450-1750mmで、ホイールハブの質量が最大45kgの車軸に適しています。よって、乗用車および小型商用車の大半のテストに対応できます。オプションとして、ANVHリグにダイナミック・アーム・ホイール位置測定システム(WPMS)を搭載して、6自由度すべてでホイールハブの動きを高精度に測定できます。

“新規ANVH 250リグは、当社の既存のテスト製品を完璧に補完するものであり、AB Dynamics社が、お客様に次世代の車両の開発を加速するための最先端のテスト・テクノロジーの包括的な製品群を提供し続けることを保証します。当社のポートフォリオは、シミュレーション、基本的実験室に於けるテスト、追跡テストを含む開発プロセス全体を網羅しています。”とエドワード・ヘインズ氏は締めくくります。

  ここをクリックしてANVH 250の詳細を確認するか、詳細について弊社と連絡をお取りください


Sign up to our newsletters