12345678910arrow-rightarrow-right-square-20246Em020406010012080140-20246y(m)x(m)020406010012080140
Cbar600 Product

ペダルロボット

Pedal Robots

当社のペダルロボットは、単独で使用することも、ステアリングロボットと組み合わせて使用して、車両を完全に制御することもできます。 ブレーキロボットは、車両の制動性能をテストし検証するために、車両メーカ、ブレーキおよびタイヤのサプライヤによって使用されます。

Combined Brake and Accelerator Robot(CBAR)は最も広く使用されているペダル・ロボットで、正確な車体速度制御とブレーキまたはスロットル入力が可能です。 CBARは、無人運転テストで使用する為バックアップ安全ブレーキシステムにアップグレードすることが可能です。

製品群には、スロットルロボット及びギヤシフトロボットと組み合わせることができるクラッチロボットも含まれています。 すべてのAB Dynamicの駆動ロボット同様、ペダルロボットはほぼすべての車両にすばやく設置でき、競合他社の車両のベンチマークに最適です。

Br1000 Underseat

当社のペダルロボットは、さまざまな制御モードを可能にします:

  • 車両速度
  • ブレーキペダルの力
  • ペダルの移動
  • 車両の減速度
  • ブレーキライン圧力
  • エンジンのRPM
Cbar600 Product

CBAR - テスト手順の開発に不可欠なツール

AB Dynamics CBARは、将来のテスト手順を決定する組織にとって最適なペダルロボットです。 テストは、他のペダルアクションと組み合わせて車両速度を正確に制御し、複雑な手順を作成できるようにプログラムすることが可能です。 7つのユーロNCAPラボのすべて並びに、米国のNHTSAとカナダのトランスポートも、CBARを使用しています。

Cbar With Legs

ドライバーとの互換性

当社のペダルロボットの機械設計(すべての駆動用ロボット同様)は、人間のドライバーが、ロボットが設置されていても運転席から安全かつ快適に車両を操作できるという概念に基づいています。 ドライバーは、必要に応じて、ロボットを無効にし、車両を制御することができます。

ペダルロボットの製品群

CBAR600

-

Cbar600 Thumb
  • ADAS試験と耐久性試験
  • 最大制動力750N
  • 無人運転用に更新可能
More information

CBAR600L

-

Cbar 600 L2
  • ADAS試験に最適
  • 人間工学を改善するための低位置用アクチュエータ
  • CBAR600と同等の性能
More information

CBAR1000

-

1212 Cbar1000
  • ブレーキテストと速度制御のための汎用ロボット
  • 最大制動力1100N
  • 無人運転試験用に更新可能
More information

BR1000ブレーキロボット

-

Br1000 Product Picture Provisional
  • 2001年発売のオリジナルブレーキロボット
  • 今日でもブレーキやタイヤのテストによく使われるソリューション
  • 最大力1400N
More information

BR1000座席下設置型ブレーキロボット

-

1212 Br1000 Underseat
  • BR1000と同じアクチュエータを使用し、同じ性能を有する
  • 長期間の設置と剛性を最大限に高めた設計
More information

RBR600ブレーキロボット

-

Rbr500 Product Picture
  • ブレーキ試験用低コストアクチュエータ
  • コンパクトで軽量なロータリアクチュエータ
  • 最大力750N
More information

RBR1500ブレーキロボット

-

Rbr1500 Product Picture
  • 強引なブレーキストップ試験に最適
  • ロータリーアクチュエータによる最高の速度と力
  • 最大力1600N
More information

AR1加速用ロボット

-

Accelerator Robot Product Picture
  • スロットル位置または車速を制御する
  • BR1000と組み合わせることができる
  • 最大力150N
More information

事例研究 - コンチネンタルタイヤ社

コンチネンタルタイヤ社は、ドイツのContidromセンターに画期的な施設を建設することで、路面や気候条件の広い範囲に於いて、実車を使って屋内でタイヤテストを行うことが可能となりました。 AIBAは完全に自動化されており、車両には無人で、コンチネンタル社は6つのAB Dynamics BR1000シート下設置ブレーキロボットを使用することで、所望の車両位置にて正確にトリガが掛けられ、ブレーキ入力を完全に制御します。

関連製品群

Sign up to our newsletters