12345678910arrow-rightarrow-right-square-20246Em020406010012080140-20246y(m)x(m)020406010012080140
Rolling Element

転がり要素軸受

2 3 11 Angular

重要な部品の検査

転がり要素軸受は、ほとんどのパワートレインおよびパワーステアリングアセンブリの円滑で継続的な運転において重要な役割を果たします。

それらがアセンブリとして(例えば最終工程)で検査される際、PLATOおよびそのREVKITアドオン副商品は、各軸受の欠陥を識別するように構成することができます。

しかし、工程中にベアリングNVH検査を実施することで、ベアリング個々の最初の段階に於いて、多くの最終工程にて検出可能だった以前の欠陥を特定することができます。

2 3 11 Bearing Test Setup

試験機の設定

接触プローブまたは非接触レーザ振動計は、通常、一定の荷重がかけられた一定の速度で軸受が回転さしている間、静止した要素の振動を測定するために使用されます。

2 3 11 Bearing Nvh Test Result

明確かつ曖昧の無い結果

PLATOの直感的なテストレポートを使用してテスト結果(どの軸受特性に欠陥があるか否か、存在する場合は明確な表示を含む)が報告され、OPCを介して機械コントローラ(PLC)に渡され、PLATOの結果データベース(SQL)に格納され、 及び又はPLATOサーバーに渡されます。

2 3 11 Bearing Defect Envelope Spectrum

詳細な分析

AB Dynamics社の無償で利用可能なPLATO Analysis License(PAL)を使用することにより、ユーザは結果を視覚化し、欠陥などの理解を更に深めるためにテストデータを深く掘り下げることができます。

ここでの例は、円すいころ軸受の外輪の欠陥を示しています。 REVKITのイベント包絡分析を使用して検出されたものです。

Sign up to our newsletters